東大卒、現役通訳が生んだ独自の中国語マスターテクニック!わずか3ヶ月以内に中国語があなたの第2の母国語に・・・

中国語wiki(表記) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

中国語の共通文字体系である漢字の歴史は古い。漢字は中国独自の文字で、ラテン文字などのアルファベットと異なり、音節文字であり表意文字である。漢字は大量かつ複雑な容姿をした部品を用い、かつ不規則な読み方をし、異体字や類義の字も多いため、習得に長期間を要し、経済的にも効率が悪いといった趣旨の否定的な評価からラテン文字などに移行すべきという意見があった。実際に朝鮮民主主義人民共和国やベトナムでは漢字を廃止した。

中国大陸では1956年に、字画が少なく、読みや構成にも統一性を高めた簡体字が導入された。簡体字は、中国全土で使用されることが中央政府によって義務化され、シンガポールも中国語(華語)の表記に用いる。これに対して、中華民国(台湾)、香港、マカオでは、基本的に簡体字以前の字体を維持した繁体字(台湾では正体字とも称する)が使われている。

繁体字・簡体字は、それぞれの文化圏での政治的・技術史的な経緯から、コンピュータ処理においては全く互換性のない別の文字コード・文字セット体系(簡体字圏=GB 2312、繁体字圏=Big5)が使用されてきた。簡体字には複数の繁体字を1字にまとめた形をとったものがあることから、逆に簡体字から繁体字に変換する場合、「??(頭髪)」を「頭發」、「干杯(乾杯)」を「幹杯」とする類の誤変換が中国大陸発のウェブサイトの繁体字版ページなどによく見られる。

また、中華人民共和国は1956年に漢語?音方案(ピンイン)というローマ字表記法を制定した。このピンインは、1977年に国連の第3回地名標準化会議で中国の地名のローマ字表記法として、1982年にはISOで中国語のローマ字表記法として採用された。また、ピンインは、外国人(特に欧米人)による中国語学習の助けにもなっている。中華民国(台湾)では、注音符号と呼ばれる発音記号を用いて漢字の読みを示すのが一般的である。台湾における中国語ローマ字表記法は、これまでさまざまな方式が考案・提案され、漢語?音を導入する動きもあるが、統一には至っていない。

はじめての中国語学習教材の詳細はコチラをクリック!

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。中国語学習に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

メニュー

中国語wiki

当サイトに関して

Yahoo!ブックマークに登録